学校法人山田学園
学舎

学校法人山田学園 -沿革

1933年 9月 山田和洋裁縫所創設
1937年12月 私立山田女子青年学校に昇格
1939年 4月 私立山田和洋裁縫女子青年学校と校名変更
1942年12月 私立青年学校山田家政女学園と校名変更
1948年 4月 各種学校ナゴヤドレスメーカースクール開校
1948年 4月 東区葵町(現在地)に校地取得、校舎建設
1948年 6月 財団法人山田女子学園設立、山田新平理事長就任
1950年 4月 山田家政短期大学開学(家政科)初代学長に川邊完道就任
1951年 3月 学校法人山田女子学園に組織変更
1951年 4月 各種学校山田簿記学校(夜間部)開校
1951年 8月 学校法人山田学園と名称変更
1954年 4月 山田家政短期大学に教職課程(中二免・家庭)設置
1955年 4月 山田簿記学校(昼間部)増設
1957年 6月 山田家政短期大学学長に山田新平就任
1958年 6月 愛知栄養専門学院設置許可
1961年 4月 山田家政短期大学学長に森川きく就任
1962年 4月 山田家政短期大学入学定員増
1962年 4月 山田家政短期大学、厚生省より栄養士養成施設指定
1964年 3月 山田家政短期大学葵寮新築
1965年 4月 山田家政短期大学、厚生省より栄養士養成施設定員増許可
1966年 4月 山田家政短期大学入学定員増
1967年 4月 山田家政短期大学家政科を食物専攻、被服専攻に専攻分離
1968年 4月 山田家政短期大学に家政科第二部開設
1969年 4月 山田家政短期大学の被服専攻を廃止し、家政専攻を設置
1969年 4月 山田家政短期大学家政科第二部に教職課程(中二免・家庭)設置
1972年 4月 理事長に山田久子就任
1973年 4月 山田家政短期大学学長に遠藤邦三就任
1975年12月 第5校舎(鉄筋6階建)竣工
1976年 4月 専修学校法施行により各種学校ナゴヤドレスメーカースクールを名古屋服飾専門学校、山田簿記学校を山田簿記専門学校(専修学校課程)に昇格、校名変更
1981年 3月 みなみやま研修センター完成
1982年 4月 山田家政短期大学学長に大島茂就任
1985年 4月 山田家政短期大学家政科第一部に服飾専攻を設置
1985年 4月 理事長に山田健市就任
1986年 4月 山田家政短期大学家政科第一部入学定員増
1986年12月 みなみやま研修センター(運動場)増設工事完了
1987年 2月 新校舎(A館)竣工
1987年 4月 山田家政短期大学を名古屋女子文化短期大学に校名変更
1988年 4月 家政科第一部を生活文化学科第一部に、家政科専攻を生活文化専攻に、食物専攻を食物栄養専攻に、家政科第二部を生活文化学科第二部に改称
1989年 4月 生活文化学科第二部の修業年限を3年から2年へ変更
1989年11月 アメリカオレゴン州 ポートランド・コミュニティ・カレッジ(P.C.C.)と姉妹校協定
1990年 9月 ポートランド市内にNFCCオレゴン・レジデンス開設
1991年 4月 食物栄養専攻を食生活専攻に改称
1992年11月 新学舎(C館)竣工
1993年 4月 学校法人 山田学園 創立60周年を迎える
1994年 3月 山田簿記専門学校廃校
1995年 1月 名古屋服飾専門学校新校舎竣工
1995年 4月 名古屋女子文化短期大学学長に山田健市就任
1999年 4月 専攻科生活文化専攻(1年課程)を設置
2000年 4月 専攻科生活学専攻(2年課程)を設置
2002年 2月 調理師養成施設認可
2003年 3月 製菓衛生師養成施設認可
2003年 4月 学校法人 山田学園 創立70周年を迎える
2003年12月 美容師養成施設認可
2004年 4月 名古屋女子文化短期大学を名古屋文化短期大学に校名変更
あわせて名古屋文化短期大学を男女共学とした
2005年 4月 服飾専攻をファッションビジネス専攻に改称
2008年 3月 名古屋文化短期大学は財団法人短期大学基準協会の第三者評価において「適格」と評価される
2010年 4月 名古屋文化短期大学60周年
2013年 4月 学校法人 山田学園 創立80周年を迎える
2013年 4月 名古屋服飾専門学校を名古屋ファッション・ビューティー専門学校に校名変更
2015年 3月 名古屋文化短期大学は一般財団法人短期大学基準協会の第三者評価において「適格」と評価される
2017年 3月 理容師養成施設認可
2018年 4月 理事長に谷芳宜就任
学長に成瀬正春就任
2018年12月 理事長に山田美智子就任
topへ戻る