学校法人山田学園
学舎

学校法人山田学園 -沿革

昭和 8年 9月 山田和洋裁縫所創設
昭和12年12月 私立山田女子青年学校に昇格
昭和14年 4月 私立山田和洋裁縫女子青年学校と校名変更
昭和17年12月 私立青年学校山田家政女学園と校名変更
昭和23年 4月 各種学校ナゴヤドレスメーカースクール開校
昭和23年 4月 東区葵町(現在地)に校地取得、校舎建設
昭和23年 6月 財団法人山田女子学園設立、山田新平理事長就任
昭和25年 4月 山田家政短期大学開学(家政科)初代学長に川邊完道就任
昭和26年 3月 学校法人山田女子学園に組織変更
昭和26年 4月 各種学校山田簿記学校(夜間部)開校
昭和26年 8月 学校法人山田学園と名称変更
昭和29年 4月 山田家政短期大学に教職課程(中二免・家庭)設置
昭和30年 4月 山田簿記学校(昼間部)増設
昭和32年 6月 山田家政短期大学学長に山田新平就任
昭和33年 6月 愛知栄養専門学院設置許可
昭和36年 4月 山田家政短期大学学長に森川きく就任
昭和37年 4月 山田家政短期大学入学定員増
昭和37年 4月 山田家政短期大学、厚生省より栄養士養成施設指定
昭和39年 3月 山田家政短期大学葵寮新築
昭和40年 4月 山田家政短期大学、厚生省より栄養士養成施設定員増許可
昭和41年 4月 山田家政短期大学入学定員増
昭和42年 4月 山田家政短期大学家政科を食物専攻、被服専攻に専攻分離
昭和43年 4月 山田家政短期大学に家政科第二部開設
昭和44年 4月 山田家政短期大学の被服専攻を廃止し、家政専攻を設置
昭和44年 4月 山田家政短期大学家政科第二部に教職課程(中二免・家庭)設置
昭和47年 4月 理事長に山田久子就任
昭和48年 4月 山田家政短期大学学長に遠藤邦三就任
昭和50年12月 第5校舎(鉄筋6階建)竣工
昭和51年 4月 専修学校法施行により各種学校ナゴヤドレスメーカースクールを名古屋服飾専門学校、山田簿記学校を山田簿記専門学校(専修学校課程)に昇格、校名変更
昭和56年 3月 みなみやま研修センター完成
昭和57年 4月 山田家政短期大学学長に大島茂就任
昭和60年 4月 山田家政短期大学家政科第一部に服飾専攻を設置
昭和60年 4月 理事長に山田健市就任
昭和61年 4月 山田家政短期大学家政科第一部入学定員増
昭和60年12月 みなみやま研修センター(運動場)増設工事完了
昭和62年 2月 新校舎(A館)竣工
昭和62年 4月 山田家政短期大学を名古屋女子文化短期大学に校名変更
昭和63年 4月 家政科第一部を生活文化学科第一部に、家政科専攻を生活文化専攻に、食物専攻を食物栄養専攻に、家政科第二部を生活文化学科第二部に改称
平成 1年 4月 生活文化学科第二部の修業年限を3年から2年へ変更
平成 1年11月 アメリカオレゴン州 ポートランド・コミュニティ・カレッジ(P.C.C.)と姉妹校協定
平成 2年 9月 ポートランド市内にNFCCオレゴン・レジデンス開設
平成 3年 4月 食物栄養専攻を食生活専攻に改称
平成 4年11月 新学舎(C館)竣工
平成 5年 4月 学校法人 山田学園 創立60周年を迎える
平成 6年 3月 山田簿記専門学校廃校
平成 7年 1月 名古屋服飾専門学校新校舎竣工
平成 7年 4月 名古屋女子文化短期大学学長に山田健市就任
平成11年 4月 専攻科生活文化専攻(1年課程)を設置
平成12年 4月 専攻科生活学専攻(2年課程)を設置
平成14年 2月 調理師養成施設認可
平成15年 3月 製菓衛生師養成施設認可
平成15年 4月 学校法人 山田学園 創立70周年を迎える
平成15年12月 美容師養成施設認可
平成16年 4月 名古屋女子文化短期大学を名古屋文化短期大学に校名変更
あわせて名古屋文化短期大学を男女共学とした
平成17年 4月 服飾専攻をファッションビジネス専攻に改称
平成20年 3月 名古屋文化短期大学は財団法人短期大学基準協会の第三者評価において「適格」と評価される
平成22年 4月 名古屋文化短期大学60周年
平成25年 4月 学校法人 山田学園 創立80周年を迎える
平成25年 4月 名古屋服飾専門学校を名古屋ファッション・ビューティー専門学校に校名変更
平成27年 3月 名古屋文化短期大学は一般財団法人短期大学基準協会の第三者評価において「適格」と評価される

topへ戻る