学校法人山田学園
学舎

【9】 大学が行う学生の修学・進路選択及び心身の健康等に係る支援

1. 大学が行う学生の修学

学習支援

(1)ガイダンス等
コースごとに配属された指導教員によって、新入生は、入学式前後の2日間、2年生は学年始めに1日、オリエンテーションを実施しています。おもに授業形態や履修方法についての説明、1年間の履修計画・指導を行っています。また、各学期の成績発表では取得単位を確認して個別の指導を実施し、問題点の把握と解消を図っています。なお、履修科目についての詳細は、毎年度ホームページ上に更新される学生便覧・シラバスを参照してください。

(2)補講授業等の取組
基礎学力が不足した学生や補習が必要な学生には、チュータリングの時間を1週間に1回5限に設定し、全教員が指導助言を行える体制をとっています。学生は教室が空いている時間には自由に使用できるようになっています。
この他に、オフィスアワーを設け、専任及び非常勤の教員が学習や学生生活に関する学生の質問・相談に応じています。

(3)学生に対する指導助言
学生からの悩み等の相談には、指導教員がチュータリングの他に必要に応じて適時対応しています。さらに必要な場合は臨床心理士によるカウンセリングを行っています。また、学生問題委員会において問題を抱えている学生の指導法について話し合い、対策を考えています。

(4)能力差に対応した学習支援
教養科目の英語や情報処理に関する知識は学生の出身学科等によりかなりの差があるため習熟度別クラス編成を行っています。また、正規授業とは別に、検定試験対策のための時間を設け、高いレベルの資格を得られるように指導しています。さらに、フラワーデザインや茶道のように個人の能力差が大きい科目では、同じ教室内で複数の教員が指導を行い、能力の高い学生にはより高度なスキルを身につけられるよう配慮しています。

(5)学生の主体的な学びの支援
全館でWi-Fi環境を整備しており、教室以外の場所での自学自習の環境を整えています。また、学生にタブレットPCを配布しています。

就職進路課では、卒業後の進路について指導を行っています。
既卒者に対しては、求人票の閲覧や就職・進学相談に対応できる体制を整えています。

主な就職先企業名

保健室・学生相談室では、学生の心身の健康等について相談に応じています。健康に関する広報誌の発行も行っています。

4.校医

市内の内科医に校医委嘱をしています。

5.AED(自動体外式除細動器)

A館1階事務局に設置しています。教職員が定期的に取扱講習を受けています。

6.留学生支援

関係教員、事務職員で留学生支援委員会を構成し、留学生の生活面、学習面のサポートを行っています。
就職については、留学生支援委員会と就職進路課が連携して支援する体制をとっています。

7.障害者支援

全館にエレベータを設置し、教室間の移動は車椅子でも可能となっています。C館についてはスロープを設置しています。

1. 海外協定相手校: 米国 オレゴン州 ポートランド州立大学(Portland State University)
2. 派遣学生数: 123名(平成27年度9月派遣)
3. 内容: 毎年9月、1年生対象者がポートランド州立大学における英語研修に参加します。現地でホームステイをしながら、生きた英語表現を学び、アメリカと日本の文化の違いを体感するもので、この経験を通して、学生は国際的視野を広めコミュニケーション能力を高めています。

平成28年度海外研修
・ロンドン ヴィダルサスーンヘアカット ハウス オブ グラムドールズメイクアップ研修
・フランス エステティック研修
・ニューヨーク  メイクアップ研修
・ハワイ ブライダル研修
・ヨーロッパ 料理研修
・フランス 製菓&スイーツ研修

9.既卒者への支援

既卒者へ対して以下の支援を行っています。
進路支援・・・就職進路課において、求人票の閲覧や就職・進学相談に対応できる体制を整えています。
留学支援・・・卒業時の担当教員が対応していますが、必要に応じて学科長  または英語担当教員が支援しています。ビザ取得のための推薦文等の作成も行っています。留学時に必要な英文の成績証明書は教学課で発行しています。
topへ戻る