学校法人山田学園
学舎

【1】 大学の教育研究上の目的(学則より)

生活文化学科第1部

名古屋文化短期大学(以下「本学」という。)は、教育基本法、学校教育法の精神に則り、一般教育及び生活文化に関する専門教育の各部門について、深くその学芸を教授研究し、近代的教養と専門知識、技術を修得した優れた社会人を育成し、もって社会と文化の発展に貢献することを目的とする。

  1. 生活文化学科第1部においては、現代の生活文化を確立するために必要とされる高度な教養と豊かな情操、優れた感性と人間性を養うと同時に、国際社会で活躍できる広い視野と資質を身につけた人材の育成を目指す。
  2. 生活文化専攻においては、従来の衣・食・住生活に関する領域に加えて、芸術・健康・美容などの専門的領域の知識・技能を修得し、現代生活の多様化に即した質の高い生活文化を実現できる人材を育成する。
  3. ファッションビジネス専攻においては、ファッション業界の要請に応えうる人材の育成を目標とする。幅広い教養と専門的な技能および実務能力を習得し、優れた創造力、企画力、技術力を有する人材を育成する。
  4. 食生活専攻においては、生活の基盤である食の分野において、家庭人および職業人として現代社会を主導できる人材を育成することを目標とする。国家資格の取得にとどまらず、深い教養と柔軟な感性を持ち、時代の変化に対応した豊かな食文化を実現できる人材を育成する。

専攻科

本学専攻科は、短期大学において修得した教育の上に、更に深くその学芸を教授研究し、現代社会と生活文化発展に貢献し感性豊かな社会人を育成することを目的とする。

 

topへ戻る